沖縄師範健児之塔


沖縄師範学校男子部
(師範鉄血勤皇隊)
師範学校男子部の生徒たちは、沖縄守備軍(第三十二軍)司令部配下の各部隊に配属され、住民に勝利を信じさせるための情報工作などの後方任務についていました。5月下旬、戦況の悪化により摩文仁一帯へ撤退、6月下旬解散命令が出されましたが、米軍の包囲網を突破できず多くの犠牲者を出しました。

動員された教師24名、生徒386名のうち、教師9名、生徒226名のが戦死。学徒隊以外に教師10名、兵役で招集された生徒64名、計309名が戦死しています。

地図
画像
戻る